2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第2回 明治を駆け抜けた2人のホースマン

 1867(慶応3)年10月、江戸幕府第15代将軍・徳川慶喜が大政奉還を行い、武家政治に終止符が打たれると、明治新政府は富国強兵の掛け声とともに馬匹の改良と増殖を国策として位置づけ、それに応じて軍馬の需要が高まった。いきおい、藩政時代から生産・育成に秀でていた岩手は、その供給地として発展した。
 早速、1870(明治3)年に兵部省(後の陸軍・海軍省となる、明治新政府が設置した省の1つ)が盛岡藩(当時)から軍馬100頭を購入し、その2年後には水沢で育成されていた軍馬34頭を立て続けに購入している。

 こういった需要が高まる中で課題となったのが、この頃から県が管理していた「南部馬市」の民営化と産馬改良である。そこで大きな役割を担ったのが、岩手県の自由民権運動の主要メンバーであり、岩手県議会初代議長、衆議院議員を歴任した上田農夫(1848(嘉永元)~1895(明治28))である。
 岩手郡東中野村(現:盛岡市馬場町)出身の上田農夫(以降、農夫)は、1879(明治12)年の第1回県議会議員選挙で当選後間もなく産馬会社を設立し、南部馬市の民営化に取り組んだ。また1881(明治14)年に外山(現在の盛岡市玉山区藪川)・茨島(現在の盛岡市厨川)などにあった県営牧場の民間移管を実現させた。この他にも獣医学舎(現在の県立獣医学校)の創設など、馬産地岩手に数えきれない功績を残している。

 農夫は幼名を勇馬、後に馬太郎と“馬”のつく名を持っていたが、これを農夫と改めさせたのは、農夫が外山牧場の場長として呼び寄せた、同じ東中野村出身の一條牧夫(1858(安政5)~1938(昭和13)年)であった。一條牧夫は当時九平と名乗っていたが「お前は“農夫”と改めて農業をやれ。おれは“牧夫”と名を変えて畜産をやる」と語ったエピソードも残っている。

 その一條牧夫(以降、牧夫)は、岩手の産馬改良に尽力した人物である。1877(明治10)年に駒場農学校(現・東大農学部)第一回生として入学すると、この時既に農学校のアメリカ人教師エドウィン・ダン以上に馬の知識を持ち、当時既に始まっていた根岸の競馬で走る競走馬の治療に出向いていたほど馬の扱いにも長けていた。その力量を見込まれた牧夫は、下総御料牧場などを渡り歩いた後に外山牧場の場長に就任すると、南部馬に外国の種馬を交配することで県産馬の改良に乗り出した。
 その改良種は当初、見た目が貧弱に見えたことから価格が暴落してしまい、責め立てられた牧夫はその職を辞してしまう。しかし牧夫は、その改良種を引き連れ、当時南部馬を使って行われていたJR東北本線の工事現場に現れると、南部馬を遥かに凌ぐ馬力を見せつけ、自らの取り組みが正しかったことを証明したという。

 その後牧夫は、1896(明治29)年に世界一周の旅で南部馬と交雑させる品種の選定を行うと、1898(明治31)年に開設した岩手種馬厩に、牧夫が見定めたアングロノルマン種(ノルマンディーの馬にサラブレッドを掛け合わせた、フランス原産のばん馬)とハクニー種(スコットランドの軽ばん馬で、脚を高く上げる美しい歩き方が特徴)の種牡馬を輸入。そして1901(明治34)年に岩手県種畜場と名を変え、場長となった牧夫は、種牡馬の飼養管理や配合検査を自ら手掛け、岩手産馬の改良を推し進めたのである。

 この2人の功績により、岩手の馬産は軽ばん馬の供給地として、そして後に軍馬生産のメッカとして隆盛を極めることとなる。一方で、この2人の存在なくして、岩手の地で近代競馬が発展することはなかったと言えるほど、岩手の競馬に様々な形で影響を与えていった。






明治を駆け抜けた2人のホースマン、上田農夫(写真上)と一條牧夫(同下)

<次回は明年1月9日掲載予定です>
スポンサーサイト

| 前史 | 10:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第1回 馬とともに発展した岩手

 日本における近代競馬発祥の地は横浜・根岸であることは良く知られているところであるが、現在まで競馬が行われている街で最古の歴史を持つのが岩手・盛岡である。多くの偉人たちと馬を愛する人々がはぐくんできた岩手の競馬の歴史は、多くの栄光と苦難に満ち溢れたものであるが、長き歴史はその将来を保障するものではない。しかし、岩手の競馬に万一のことがあれば、岩手の馬文化の歴史だけではなく、日本の、そして世界の競馬産業の未来に、取り返しのつかない損失となることは間違いないだろう。
 かつて「テシオ」誌上で連載していた「いわて競馬今昔物語」を再構成・再編集するとともに、紹介することのできなかったテーマ・時代を含め改めて紹介していくことで、岩手競馬の価値を再確認していただく契機となることを祈念して再スタートの言葉としたい。

第1回 馬とともに発展した岩手

 岩手県の歴史を語る上で、馬にまつわる話題には事欠かない。例えば岩手競馬の重賞競走のひとつ「阿久利黒賞」の“阿久利黒”とは、801(延暦20)年にアテルイ(大墓公阿弖流為)が平安朝から巡遣された坂上田村麻呂に、武装解除の証として贈った伝説の名馬と言われている。また、1184(寿永3)年の宇治川の合戦で義経騎馬軍団が大勝利を収めたときに先陣争いを演じた「生唼・磨墨」の2頭も、南部馬の名馬として知られている。
 岩手県競馬組合(以降、組合)が、組合設立20周年を記念して1983(昭和58)年に製作した「いわての競馬史」によると、南部馬が幕府や諸大名に買われるようになっていったのが1600(慶長5)年ごろという。その後、江戸幕府による参勤交代制度が始まると、幕府は諸大名に、行列に参加できる馬を五万石あたり10頭と定めたが、二十万石だった旧南部藩には特別に、100頭の参加が認められた。この馬を引くために行列に加わったのは優秀な育成者たちであり、これらの馬を江戸で売って帰ることができたので、彼らにとって大きな名誉であったと同時に経済的にも潤ったという。
 一方で旧南部藩では、優秀な南部馬を保護する政策も取っていた。1600年代半ばより盛岡にて「南部馬市」(現在でいうセリ市)が始まったが、当時は藩外の者の参加は認められず、馬の移動も領内に限られた。それを1754(宝暦2)年に、賦金を徴収することで他藩からの参加を認める一方で、「総馬改」と呼ばれる制度を導入し、年2回の検査で上中下とランク付けを行い、上中馬の藩外への売却を禁止することで、優秀な南部馬の流出を防いだ。併せて、良馬の生産者に奨励金を出すことで、良質な南部馬の生産を奨励した。
 このように藩政時代から馬の生産・育成において一目置かれる存在であった岩手の地は、馬によって人々の暮らしを豊かにしてきた。また人間と馬が一つ屋根の下で暮らす「南部曲がり屋」や、元々は田植えが終った祝宴とその為に重労働をこなしてきた馬の無病息災を祈るものであった「チャグチャグ馬コ」が象徴するように、ともに生きる、生活になくてはならない身近な存在でもあった。そんな彼らにとって、祭りごとに馬は欠かせない存在であり、古くから盛岡での鎮守八幡宮、水沢での駒形神社などで、奉納競馬・祭礼競馬が数多く行われていた。

馬検場
1904(明治37)年から1912(明治45)年まで盛岡市馬町(現清水町)にあった旧馬検場(せり市場)の落成式の様子
(出典:「岩手県競馬組合30周年記念誌」 岩手県競馬組合)


<次回は12月27日掲載予定です>

| 前史 | 10:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。