2008年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年02月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第5回 戦前の水沢競馬場-東(あずま)競馬場と呼ばれて (1)

 盛岡の競馬が生産地競馬として発展していったが、水沢は元々、軍馬の育成地として発展していた。それについて、明治天皇の東北巡幸の際に水沢の地で見初められ、御料馬として買い上げた金華山号の育成を手がけていた初代佐野玉吉の末裔で、現・佐野家当主の佐野榮治氏は「馬というのは軍備に関わるから話にカドが立つ。そこで伊達藩のお偉い方が秘密裏に馬の育成を手がけるようになり、そのエキスパートが水沢に集まってきた」と語るように、水沢が属する旧伊達藩が、優秀な馬産地である隣国の旧南部藩に対抗するため、生産を捨てて安い馬を購入し、その育成に力を入れていたと指摘している。

 水沢での競馬は駒形神社の奉納競馬が起源であり、それが発展して現在のようになっていった。その始まりは、一説には平安時代とも言われ、200~500m程の直線馬場(鉄砲馬場とも呼ぶ)を並んで走る“くらべ馬”と呼ばれる神事であった。これを1901(明治34)年、胆沢郡産馬組合が中心となり、現在の水沢公園内に1周500mの円形馬場を新設し、同組合主催による競馬を開催。これが水沢における近代競馬のスタートと位置づけられている。その後1908(明治41)年に東宮殿下(後の大正天皇)が水沢に行啓されたのを記念して、翌1909(明治42)年に東競馬場と命名されたのを機に1周800mへと拡張され、地元の人達に親しまれる存在となっていった。

 しかし時を同じく、1908年に公布された「勝馬投票券禁止令」により“馬券”という商品を失った競馬場は、徐々に活気を失っていった。そのような中、水沢競馬は後援会を組織して会員が開催に向けた資金集めに奔走したり、投票券付きの観覧席を発売して、その投票券で勝ち馬を予想し、的中者に物品交換券を交付するなど、知恵を出しながら競馬を続けていた。

 その後、安田伊佐衛門(JRAの「安田記念」にもその名を冠す、後の初代JRA理事長)をはじめとした全国の競馬関係者の馬券復活運動が実を結び、1923(大正12)年に馬券発売が復活した。すると水沢競馬は、1周1600mの馬場を持つことが発売の条件となったことから、1マイル馬場への拡張を目指した。そのやりとりを旧水沢市が編纂した「水沢市史 4」に詳しく書かれているので引用する。
 「勝馬投票を行うには1マイル馬場が必要であった。よって競馬会(後援会か?)は協議の上、水沢町(当時)に対して、現在の馬場を無条件で寄付し、会が負っている負債六千余円は町で肩代わりして貰う。又、馬場は1マイル馬場に拡張して欲しい旨申し出、町はこれを議会に諮って可決した。依って、半マイル馬場の南側にこれを拡張することとし、敷地は五十一名の所有地であったが、競馬存続期間中永久に坪十銭で貸借、この貸借料計八百円も町費支弁と決定して、直ちに整地、附属建物の建設に着手し、1924(大正13)年春に完工した」(一部要約、修正)
 これにより水沢も馬券発売の許可が下り、これまで以上に活気に満ちた場へと姿を変えた。

東競馬場

1910(明治43)年5月に開催された東競馬場落成記念競馬開催時に撮影された記念写真。この中に佐野榮治氏の祖父・2代目佐野玉吉氏も含まれているとのこと(出所:「岩手の馬育成-私たちの歩いた道-」・(社)競走馬育成協会)

<この記事は月2回更新です。次回は2月14日に掲載いたします。>
スポンサーサイト

| 前史 | 12:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第4回 戦前の盛岡競馬場-菜園から黄金、そして新黄金へ (2)

 時代は大正を超え、昭和を迎えると、新黄金競馬場構想が持ち上がった。これは1つに黄金競馬場周辺の耕地整理を進めるためであったが、平行して盛岡競馬の政府公認を目指す運動があり、そのためには走路を帝国競馬協会(政府公認の東京・横浜など11の競馬倶楽部の統括団体として1921(大正10)年設立。現在のJRAの起源でもある)が定める規模とする必要もあった。

 この構想は黄金競馬場の走路拡幅にて対応できるとして、1933(昭和8)年に春季盛岡競馬(5月下旬ごろの開催が多かったが、時期については毎年異なる)を延期して、用地買収をはじめとした準備を進めていた。しかし、肝心な用地買収が不調に終わり、買収を断念。これを受け県産馬組合連合会は、5月に春季盛岡競馬の中止と、黄金競馬場から更に北に行った、高松池近くの毛無森への移転を発表した。
 それから新黄金競馬場の工事は急ピッチで進められ、秋には帝国競馬協会の基準をクリアする1周1600m、幅員16mの新競馬場も完成した。そして落成記念競馬となる秋季盛岡競馬を11月3日から行うと発表し、全国から競馬関係者が招待されるなど、開催に向けた準備も着々と進んでいた。

 ところが開催に向けて出走予定馬の調教が始まると、調教に乗っていた騎手から走路の路盤が緩く、危険なので開催を延期してほしいとの要望が出た。急ピッチの工事ゆえ、路盤が固まっていなかったためで、協議により初日は開場式のみを実施し、レースは翌週の10日からに延期されることになった。
 そして1年ぶりの盛岡競馬となった11月10日は、朝早くから多くのファンが詰めかけた。新競馬場で最初に行われた繋駕(けいが)速歩競走は、その後の岩手競馬の繁栄を予感させるかのようにコーフク号が勝利を収めると、その後も熱戦のレースが続き、3日間の開催中、競馬場は興奮の波が冷めぬままに大成功のうちに開催を終了させることができた。

 ところで、この新黄金競馬場(以降、旧盛岡競馬場)は、黄金競馬場時代の右回りから左回りへと変更されている。これは、旧盛岡競馬場の設計に携わった一條牧夫の息子である一條友吉(1884(明治17)~1949(昭和24))のサラブレッドとともに歩んだ生涯を振り返らなければならないが、それについては別の機会にご紹介することにする。

黄金競馬場2
移転間もない1935(昭和10)年頃の旧盛岡競馬場
(出所:「岩手県競馬組合30周年記念誌」・岩手県競馬組合)

<この記事は月2回更新です。次回は1月31日に掲載いたします。>

| 前史 | 12:13 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第3回 戦前の盛岡競馬場-菜園から黄金、そして新黄金へ (1)

 横浜・根岸で日本初の洋式競馬が行われたのは1861(文久元)年のことである。それから遅れること10年後の1871(明治4)年、岩手でもその第一歩が記された。盛岡・菜園の地に1周1000mの楕円形馬場が作られたのである。これによりますます発展していった岩手の競馬は、農夫が1883(明治16)年に設立した岩手調馬会社により、1884(明治17)年9月に秋季競馬会をこの馬場で開催した。これが岩手における近代競馬のスタートであり、これは根岸、上野不忍池に続く3番目と位置づけられている。そして菜園での競馬は、それまでの競馬場と違い、馬産地に誕生した生産地競馬の象徴として発展していくことになる。

 この時、岩手調馬会社が策定した規則には、不正レースに関するものや同着となった場合の賞金配分の方法に加え、競馬の一般への認知・普及を目的として優秀な馬の馬名・馬主を新聞を用いて広告すると定めるなど、現代の競馬にも通じる農夫の先見の明を感じさせる内容が整備されていた。
 この菜園の競馬場は、1903(明治36)年に県産馬組合連合会の手によって盛岡・上田に移転され、この地に造られた1周1000mの円形馬場で11月3日に落成記念競馬が盛大に実施された。

 その余韻もさめやらない中、当時の騎兵監・閑院宮載仁親王(1865(慶応元)-1945(昭和20))が、総裁を務めていた日本赤十字社の岩手支部総会出席のために盛岡を訪れる折に新競馬場にお成りになられ、その来場記念競馬を親王ご臨席の元で11月22日に開催した。この来場記念競馬の盛り上がりを目の当たりにした親王はたいそうお悦びになられ、親王はこの競馬場を「黄金競馬場」と命名され、さらに企業奨励の目的で金百円を下賜されたのである。

 この「黄金競馬場」の名は現在の盛岡競馬場の愛称である「オーロパーク」(“オーロ”とはラテン語で“黄金”を意味する)にも受け継がれている訳だが、“黄金”の名が付けられた由来を語る上で、1876(明治9)年の6月から7月にかけて行われた、明治天皇の東北巡幸の旅が密接に関係しているので紹介しておきたい。
 岩手県としても未曾有の出来事であったこの旅で、盛岡八幡宮の馬場にて南部藩に伝わる軍馬術などを天覧に供した他、水沢では馬の育成を手がけていた佐野玉吉(初代)の育成馬・金華山号を見初められ、後に御料馬としてお買い上げになられている。また、現在ユネスコ世界遺産への登録を目指して活動している平泉寺院遺跡についても、巡幸中に中尊寺山に登られ、金色堂などを御覧の後、毛越山一帯の宝物と共に永く保護してほしいと伝えられている。

 その道中、明治天皇がお召し替えのために一息入れられた場所に湧水が出ており、これをご膳水として使われるなどされたという。この湧水は「黄金清水」と呼ばれていて、これが新競馬場の近くにあることを親王がご存知であったことから、それにちなんで名づけられたのである。
 その後黄金競馬場は、1912(明治45)年に1周1600mへと拡張され、東北随一の競馬場として多くの競馬関係者が集うようになっていった。

黄金競馬場

1903(明治36)年に開場した黄金競馬場。落成記念競馬は約3,000人が詰めかけ、更に馬場の周囲を入りきれないファンが囲んだ(出所:「岩手県競馬組合30周年記念誌」(岩手県競馬組合))

<続く>

| 前史 | 10:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

2008年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年02月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。