2009年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年10月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第18回 組合設立と水沢競馬場移転(5)-生まれた副産物

 水沢競馬場の移転には多くの苦労が伴ったことをこれまで記してきたが、これにより生まれた副産物にもいくつか触れておきたい。

・盛岡連続開催の好況により、盛岡市が組合参加へ

 組合設立初年度の1964年は合計11開催(66日間)が行なわれたが、水沢の開催は移転最初の開催となった1開催のみで、それまでの10開催は盛岡競馬場での連続開催(通年開催)を余儀なくされた。これには組合設立以前、盛岡は水沢と比べて売上が少なく存廃が論じられたこともあったため、組合設立初年度は売上の低迷が予想され、赤字決算止むなしの声もあったという。

 しかし蓋をあけてみれば盛岡競馬は入場者、売上とも開催ごとにレコードを塗り替える活況を呈した。これは毎週のように競馬が行なわれたことで、盛岡に競馬が浸透し、ファンが増えたことが大きな要因といわれている。結果として組合初年度の売上は前年度の県営・市営競馬合計約2億1600万円から約33%増(開催平均では約20%増)となる約2億8800万円となり、初年度から黒字決算を達成した。結果的に水沢競馬場の移転が盛岡競馬を宣伝する機会となり、この成功を受けて組合参加を見合わせていた盛岡市は翌1965(昭和40)年からの組合に参加。以来今日まで岩手県・水沢市と共に組合を支えて続けている。

昭和39年の盛岡競馬場スタンド

レース風景

1964(昭和39)年の盛岡競馬場。1枚目はスタンドの様子で、2枚目がレース中のもの
出典/「岩手県競馬組合30周年記念誌」(岩手県競馬組合)

・新競馬場の借金は4年で完済へ

 その組合は以前も紹介したように、水沢競馬場建設にかかる費用を全額負担しており、最終的に5500万円に膨れ上がった総工費が、そのまま借金として組合の肩にのしかかった。組合は10年近くで返済する計画を立てていたとされるが、一部には百年かかっても返せないという悲観論もあった。

 しかしこの当時、岩手県には新幹線や高速道路(注)の建設計画が進められており、その経済効果は胆江地方(水沢市を中心とした周辺の内陸地域の総称)だけで数百億円規模にのぼるといわれた。
 同時に、水沢競馬場移転の1964(昭和39)年、中央競馬でシンザンが史上2頭目の三冠馬となったことをきっかけに起きた競馬ブームが、岩手では先に触れた経済効果を背景に競馬にも波及したとされている。

 こういった時代背景を受け、組合は2年目以降も前年比約50%増という飛躍的な売上増を繰り返し、設立4年目の1967(昭和42)年に年間売上は10億円を突破。いきおい返済も当初の予定を前倒ししてわずか4年で完済することができた。

(注)東北新幹線は1971(昭和46)年起工、1982(昭和57)年開業(当時は大宮始発)。東北自動車道の岩手県内ルートは、一関-盛岡南間が1977(昭和52)年に開通したのが最初。

売上高推移表

県営・市営競馬時代から組合設立初期(1948・昭和23~1967・昭和42)までの売上高推移
出典:「地方競馬史3(地方競馬全国協会)」および「いわての競馬史(岩手県競馬組合)より

・騎乗速歩が岩手での歴史にピリオド

 ところで1964年を最後に岩手競馬における歴史を終えたものがある。騎乗速歩がそれで、繋駕速歩の全盛期を迎えていた岩手では同じ速歩でも“騎乗より繋駕”の考えが定着していた上に、この時実施していた主催者(注)もほとんどなく、在籍頭数の減少により番組を編成できなくなったためである。騎乗の最後は特段のイベントもセレモニーも、そしてニュースバリューもなく、ひっそりと姿を消したが、岩手競馬の歴史に大きな役割を担った事実は揺らぐものではない。

(注)騎乗が最後まで行なわれていたのは益田(島根県)で、1972(昭和47)年9月を最後に廃止された。
スポンサーサイト

| 水沢競馬移転 | 12:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第17回 組合設立と水沢競馬場移転(4)-歴史を繋いだ突貫工事

 3ヶ月がいかに短いか。規模が違うとはいえ、オーロパークの建設に5年の月日を要した(1991年(平成3)2月起工、1996(平成8)年4月オープン)ことを考えればその突貫工事ぶりを理解していただけると思う。しかもこの場所は歴史的に1947(昭和22)年のキャサリン台風などの水害によって、北上川の流れが幾度となく変わっていた場所で、当時を知る人は「昔は今の競馬場のコースやスタンドを横切るように堤防があった」と指摘している。

 さらに予定地は沼地が多く残り、また長芋の栽培も盛んに行なわれていたため、地盤は悪かった。そのため土地の安定が要求される競馬場を、しかも短期間に完成させるために路盤整備に使用したものが“畳”だった。当時をよく知る元組合職員の佐藤栄亀氏は「沼地を埋めて整地するだけでも大変だった。けれどそれだけでは路盤を安定させられなかったので、3コーナーから4コーナーの辺りを中心に畳を敷き詰めることにした。それでようやく地盤が安定してコースの整備に取りかかれた」と振り返っている。

 常識外れといえるだろうこの手段によって、工事は一気にスピードアップした。そして10月の末にコースは完成すると現役騎手による試乗会を開催し、そこで彼らは「これなら開催できる」と語ったことで開催にゴーサインが出された。

 そして組合営第1回水沢競馬は1964(昭和39)年11月21日、当初の予定から2週間遅れでスタートした。期間中に2度雪で順延となるなど天候には恵まれなかったが、盛岡から観戦バスが出るなど待ちわびたファンは熱心に新水沢競馬場に足を運び、この1開催(6日間)で約1万人の観客が訪れた。この開催によって水沢競馬は廃止の危機を脱するとともに、組合初年度の開催を成功裏に終了することとなった。

 ちなみにこの時新水沢競馬場(以降、水沢競馬場)に完成していたのは1周1200mのコースと平屋のスタンド、それと厩舎が100馬房。短い工期ゆえ、水沢競馬開催にこぎつけるための最低限の施設として間に合わせたもので、その後水沢競馬場はスタンドの増改築、厩舎の増設などを繰り返し、現在の姿になっている。

1964(昭和39)年に移転した水沢競馬場

1964(昭和39)年に移転した水沢競馬場。写真は1970(昭和45)年頃のもの(出所:岩手県競馬組合「岩手県競馬組合30周年記念誌」)

| 水沢競馬移転 | 10:30 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

2009年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年10月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。