2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第29回 岩手競馬に咲いた大輪の花・・・高橋優子の短すぎる生涯(3)

 初年度に19勝を挙げ、順調に階段を上り始めた高橋優子は、デビュー2年目となった1970(昭和45)年に大きな飛躍を遂げる。シーズン開幕から順調に勝ち星を積み重ね、その実力を関係者やファンから認められるようになっていった。

 そのような中、彼女はニュースターエイトとのコンビで大きな注目を集める。この馬は父・高橋武厩舎の所属馬で主戦騎手として手綱を取っていたが、この馬とのコンビで7月の水沢競馬で1600m1分42秒5のコースレコード(注)を叩き出すと、その翌月、前年に新設された日高賞に駒を進めた。

 単勝1番人気の支持を受けたこのレースでライバルとなったのが、時のリーディングジョッキーであった小西重征氏が手綱を取るマルマンチカラで、レースも最後はこの2頭のマッチレースとなった。しかし最後まで勝利を信じて追い続けた結果、最後に競り勝ち、優子氏は初のビッグタイトルを掴み取ったのである。

 こうして自信をつけていった優子氏は、当時の岩手競馬で最高賞金レースだった農林大臣賞典で、南関東時代にニューイヤーCとNTV盃(現在の日本テレビ盃)を制した古豪・ツルハゴロモとのコンビで参戦するチャンスが巡って来た。ツルハゴロモは岩手移籍後もA級(オープン)の常連として活躍していたが、往時の活躍の関係で絶えずトップハンデを背負っていたため“勝利の見込みが薄い”と有力騎手から敬遠されることが多かった。今回も同様に直前まで決まらなかった中で、テン乗りになる優子氏に白羽の矢を立てたのである。

 レースは出入りの激しい乱戦となった。後方からのレースとなったツルハゴロモは、3コーナーから一気に仕掛けて直線で一旦先頭に立ったものの、すぐに1番人気だったスパートターフ&小西重征のコンビに捉えられ、万事休したかに思われた。だが、彼女はあきらめていなかった。左ききだった優子氏の左ステッキで叱咤激励されたツルハゴロモは、再び勢いを取り戻すとゴール直前で差し返し、栄光のゴールに飛び込んだのである。

 こうしてデビュー2年目を終えた優子氏はこの年、57勝をマーク。すると高橋優子の名前は岩手競馬の枠を超えて広まっていくようになる。

(注) 当時の水沢1600mはダッシュのつきにくいコーナースタートの時代で、現在使用されている1600mのシュートが作られたのは1982(昭和57)年のことである。

農林大臣賞典の成績表
高橋優子氏が優勝した農林大臣賞典(1970年11月15日水沢競馬第9レース)の成績表(提供:NAR地方競馬全国協会)
スポンサーサイト

| 女性騎手黎明期 | 00:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第28回 岩手競馬に咲いた大輪の花・・・高橋優子の短すぎる生涯(2)

 優子氏の決意を聞いた両親は驚いた。これがもしクニ氏が騎手を目指す前ならば「女の仕事ではない」と反対できたかも知れないが、2人とも現役の騎手である。自らが職とする仕事に飛び込んで来ようとしている娘の固い意思の前に、2人とも反対はせず「途中で投げ出すことだけはするな」と声をかけたという。

 ただし優子氏が目指したのは両親が活躍する繋駕ではなく(注1)、平地の騎手であった。そのため平地を専門的に教えられる所で教わった方がいいと考えたが、1964(昭和39)年に栃木県に開所した騎手教養所(現・地方競馬教養センター)はまだ女性を受け入れる体制になかった。そこで教養所の教官から手紙で技術的な指導を受けることとし、併せて水沢の別の厩舎に下乗りとして預けられることになった。

 ところが優子氏は間もなく、落馬事故によって骨盤を骨折する大ケガを負った。この時、武氏は心配していた一方で「馬から落ちてケガでもすれば諦めると思っていたから、これでやめてくれると思っていた」と振り返っている。しかし優子氏は「自転車で転んだってケガをする。だから馬から落ちてケガをするのは当たり前だ」と言って意に介さなかった。その姿に武氏は感心するとともに、なんとしても騎手になるという強い意志を感じ取ったと語っている。

 その後ケガが癒えた優子氏は「手元に置いていては一人前の騎手になれない」と考えた武氏の意向もあり、長く親交のある新潟の河内義昭調教師(注2)の下で修行することになった。親元を離れた優子氏は「(騎手試験に)合格するまで岩手に帰らない」と心に決め、腕を磨いた。そして1968(昭和43)年の春に受けた試験では不合格となってしまうが、この年暮れに受けた2度目の試験で見事に合格。晴れて日本競馬史上初となる平地の女性騎手が誕生した。

 1969(昭和44)年4月20日に行なわれた水沢競馬の第6レース。ここで父・武氏が管理するキタノヒメとのコンビで初めて岩手の競馬ファンの前に姿を見せた。この初戦はシンガリ(5頭立て)に敗れ、その後もなかなか勝利まで届かなかったが、6月8日の水沢競馬でやはり高橋武厩舎のスイセンカクとのコンビで待望の初勝利を挙げる。すると男性騎手顔負けの力強い手綱捌きで勝ち星を積み重ね、高橋武厩舎の(平地の)主戦騎手として活躍を始めていった。

(注1)高橋武氏は繋駕中心の騎手ではあったが、平地にも騎乗していた。ちなみに高橋優子氏のデビュー2戦目で親子同時騎乗も果たし、その後も幾度か親子共演があった。

(注2)高橋武氏が手がけた“ホマレ”(連載19回参照)が新潟にトレードされたときの所属先。なお、河内義昭氏は河内洋・現JRA調教師の叔父にあたる。

高橋優子のレース中の写真
高橋優子氏の騎乗フォーム(出典:「岩手県競馬組合30周年記念誌」岩手県競馬組合)


初勝利の成績表
高橋優子氏が初勝利を挙げた際の成績表(提供:NAR地方競馬全国協会)


| 女性騎手黎明期 | 00:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。