PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第5回 戦前の水沢競馬場-東(あずま)競馬場と呼ばれて (1)

 盛岡の競馬が生産地競馬として発展していったが、水沢は元々、軍馬の育成地として発展していた。それについて、明治天皇の東北巡幸の際に水沢の地で見初められ、御料馬として買い上げた金華山号の育成を手がけていた初代佐野玉吉の末裔で、現・佐野家当主の佐野榮治氏は「馬というのは軍備に関わるから話にカドが立つ。そこで伊達藩のお偉い方が秘密裏に馬の育成を手がけるようになり、そのエキスパートが水沢に集まってきた」と語るように、水沢が属する旧伊達藩が、優秀な馬産地である隣国の旧南部藩に対抗するため、生産を捨てて安い馬を購入し、その育成に力を入れていたと指摘している。

 水沢での競馬は駒形神社の奉納競馬が起源であり、それが発展して現在のようになっていった。その始まりは、一説には平安時代とも言われ、200~500m程の直線馬場(鉄砲馬場とも呼ぶ)を並んで走る“くらべ馬”と呼ばれる神事であった。これを1901(明治34)年、胆沢郡産馬組合が中心となり、現在の水沢公園内に1周500mの円形馬場を新設し、同組合主催による競馬を開催。これが水沢における近代競馬のスタートと位置づけられている。その後1908(明治41)年に東宮殿下(後の大正天皇)が水沢に行啓されたのを記念して、翌1909(明治42)年に東競馬場と命名されたのを機に1周800mへと拡張され、地元の人達に親しまれる存在となっていった。

 しかし時を同じく、1908年に公布された「勝馬投票券禁止令」により“馬券”という商品を失った競馬場は、徐々に活気を失っていった。そのような中、水沢競馬は後援会を組織して会員が開催に向けた資金集めに奔走したり、投票券付きの観覧席を発売して、その投票券で勝ち馬を予想し、的中者に物品交換券を交付するなど、知恵を出しながら競馬を続けていた。

 その後、安田伊佐衛門(JRAの「安田記念」にもその名を冠す、後の初代JRA理事長)をはじめとした全国の競馬関係者の馬券復活運動が実を結び、1923(大正12)年に馬券発売が復活した。すると水沢競馬は、1周1600mの馬場を持つことが発売の条件となったことから、1マイル馬場への拡張を目指した。そのやりとりを旧水沢市が編纂した「水沢市史 4」に詳しく書かれているので引用する。
 「勝馬投票を行うには1マイル馬場が必要であった。よって競馬会(後援会か?)は協議の上、水沢町(当時)に対して、現在の馬場を無条件で寄付し、会が負っている負債六千余円は町で肩代わりして貰う。又、馬場は1マイル馬場に拡張して欲しい旨申し出、町はこれを議会に諮って可決した。依って、半マイル馬場の南側にこれを拡張することとし、敷地は五十一名の所有地であったが、競馬存続期間中永久に坪十銭で貸借、この貸借料計八百円も町費支弁と決定して、直ちに整地、附属建物の建設に着手し、1924(大正13)年春に完工した」(一部要約、修正)
 これにより水沢も馬券発売の許可が下り、これまで以上に活気に満ちた場へと姿を変えた。

東競馬場

1910(明治43)年5月に開催された東競馬場落成記念競馬開催時に撮影された記念写真。この中に佐野榮治氏の祖父・2代目佐野玉吉氏も含まれているとのこと(出所:「岩手の馬育成-私たちの歩いた道-」・(社)競走馬育成協会)

<この記事は月2回更新です。次回は2月14日に掲載いたします。>
スポンサーサイト

| 前史 | 12:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://konjyaku.blog121.fc2.com/tb.php/22-c0eafe3a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。