PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第8回 進駐軍慰安競馬と一條友吉の生涯(1)

 1945(昭和20)年8月15日、ポツダム宣言の受諾により太平洋戦争が終結すると、日本はアメリカの占領下に置かれた。そして統制のためにやってきた進駐軍は、岩手でも到着したその日から盛岡市内を歩き回っていると、その中の数人が民家の野菜畑に入り込み、収穫直前の大根を盗もうとした。それを見つけた主人は、彼らが進駐軍であることが分かると彼らを家に招き入れたという。

 この人は岩手の産馬改良に尽力した一條牧夫の息子である一條友吉だった。英語が堪能だった一條友吉(以降、友吉)は、進駐軍にとって貴重な英語が通じる地元住民だったこともあり、それから毎日代わる代わる友吉の家にやって来るようになった。もちろん友吉も進駐軍相手なら色々な相談が出来ると考えており、その中に「(岩手)競馬を復活させたい」という想いも含まれていた。

・「プレッセリアのトモ」と呼ばれて

 その前に友吉の歩みを紹介する必要がある。一條牧夫の長男として1884(明治17)年に生まれた一條友吉は、盛岡中学を1901(明治34)年に卒業すると、父が歩んだ道を追うように単身アメリカに渡った。そしてニューヨーク州のロングアイランド競馬場の厩務員時代には、当時連戦連勝を続けながら再起不能の重傷を負った「プレッセリア」を任せられると、友吉の手でその故障を直し、再び連勝街道を歩んだことで、アメリカのホースマンから“プレッセリアのトモ”と呼ばれ、尊敬を受けたのである。

 その後イギリスに渡り、後に旧盛岡競馬場の設計に携わった際にモチーフとしたエプソム競馬場に訪れるなど、イギリス競馬の現状も見て回った。そして1910(明治43)年に帰国した時には、友吉はサラブレッドの世界で生きていくことを決意していた。

一條友吉
岩手だけでなく日本の競馬界に多大な貢献をもたらした一條友吉


<この記事は月2回更新です。次回は3月28日に掲載いたします。>
スポンサーサイト

| 前史 | 19:05 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://konjyaku.blog121.fc2.com/tb.php/27-c2ef605e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。