PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第11回 自治体競馬の時代-入り乱れた主催者

 1948(昭和23)年の競馬法施行により、地方競馬の主催権が都道府県などに与えられた。そしてこの時が戦前の“軍馬育成”から、戦災復興など自治体の財政に寄与する“財政競馬”に競馬の存在意義が変わった瞬間でもあった。さらに競馬以外の公営競技(注)も次々と誕生し、これらが自治体の“金のなる木”として利用されるようになった。なお、岩手県には競馬以外の公営競技場の設置および開催の記録はない。

 この時代は、県の畜産課が騎手免許などを発行する業務を行っており、県が主導的な役割を担っていた。しかし現在の岩手競馬が、その全開催を1964(昭和39)年設立の岩手県競馬組合(以降、組合)が主催しているのと違い、開催ごとに主催者が違っていた。

 県営競馬は競馬法施行の1948年より毎年、盛岡・水沢の両競馬場で開催を行ったが、市町村で岩手競馬の主催者となったのは、競馬場所在地として1952(昭和27)年に開催権を認められた盛岡市と水沢町(後の水沢市、現奥州市)に加えてもう1つ、一関市がある。一関市が主催者となったのは、1947(昭和22)年のキャサリン台風、1948年のアイオン台風により、甚大な被害を受け“災害市”の指定を受けたことによるもので、1949(昭和24)年より旧水沢競馬場にて一関市営競馬を開催した。

災害被害を受けた一関市の写真
1948年のアイオン台風で被害を受けた一関市(一関市役所付近)の様子。一関市ではこの台風で死者248人、家屋の流失・倒壊約1,600戸などの被害を生み、その被害総額は22億円を超えた。(「一関市史 第三巻」より)


 このように4つの主催者が入り乱れていた岩手競馬だが、このうち盛岡市営競馬が1953(昭和28)年からの2年間のみで休止となると、その後は盛岡では県営競馬のみが、水沢では水沢または一関市営競馬を中心に行なわれた。ただし、主催者が代わっても競馬の内容が変わるわけではなく、また賞金額も県営競馬の基準に市営競馬が合わせていたので、競馬に参加する関係者もファンも“どこで競馬をやるか”は大事でも“誰が主催者なのか”は意識していなかったはずである。

(注)競馬以外の公営競技のスタートとその発祥地
競輪:1948(昭和23)年・小倉(福岡県)
競艇:1952(昭和27)年・大村(長崎県)
オートレース:1950(昭和25)年・船橋(千葉県) ※当初は船橋競馬場の内馬場に造られた

県営競馬のポスター

1950年の岩手県営競馬の開催告知ポスター(一條八平太氏提供)


<この記事は月2回更新です。次回は5月9日に掲載予定です。>
スポンサーサイト

| 前史 | 10:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://konjyaku.blog121.fc2.com/tb.php/34-ec39c816

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。