PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第22回 1971(昭和46)年6月20日「繋駕ラストラン」

 「いずれこの時が来るとは思っていたけど、終わってみればやっぱり寂しかったよ」と振り返ったのは阿部時男(元調教師)。「(それまでの)岩手の競馬は水沢と速歩競走が支えていたと思うんだ。そう考えれば寂しいよね」と語ったのは村上初男(元調教師)。組合設立以前から繋駕のトップジョッキーとして互いにライバルとして認め合い切磋琢磨した2人が、繋駕の終焉に対して送った言葉である。

 繋駕の編成が少なくなっていったこの当時、阿部時男氏も村上初男氏も既に調教師として厩舎を開業していた。特に1965(昭和40)年に厩舎を開業した阿部時男氏は、自らの厩舎には繋駕は置かなかったという。しかしレースが少なくなるにつれ、繋駕に乗れる騎手も少なくなったため、阿部時男氏や村上初男氏をはじめ既に調教師となっていた人も(当時はまだ騎手兼調教師が認められていたとはいえ)繋駕だけは騎手として駆り出されていた。

 そして1971(昭和46)年に入ると、岩手競馬は平地競走一色になった。繋駕が編成されない日が多くなり、編成される時も朝の第1レースのみ。既に風前の灯火となっていた中で迎えたのが6月20日の盛岡競馬第3レースだった。普段の2倍以上の賞金となる1着賞金10万円を賭け、最後となる繋駕レースが行なわれた。

 9頭立てで行われたこのレース、9人の騎手は万感の思いと、最後の勝利を目指して激しくムチを振るった。レースは志村文雄(元調教師)が手綱を取るスペースマンが懸命に逃げるところ、最後に高橋クニ氏が操るハイスポートが襲いかかってきた。彼女もまた女性騎手のパイオニアとして、そして最後となる舞台に勝利を信じて追いかけてきたのだ。しかしその追撃をスペースマンは最後まで凌ぎ切り、最後のゴールに飛び込んだのである。

 こうして岩手から、そして日本の競馬界から繋駕は姿を消した。しかし当時の記憶を残すかのように、今も組合の倉庫には当時使用されていた繋駕が残されているという。

志村文雄氏
最後の繋駕速歩競走で優勝した志村文雄元調教師(2004年撮影)。


最後の繋駕速歩競走の出走表・成績表
最後の繋駕速歩競走となった1971(昭和46)年6月20日・盛岡競馬第3レースの出走表及び成績表(提供:NAR地方競馬全国協会)


リーディング一覧
組合設立の1964(昭和39)年から繋駕速歩最後の年である1971(昭和46)年までのリーディングジョッキー一覧


スポンサーサイト

| 昭和40年代 | 10:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://konjyaku.blog121.fc2.com/tb.php/51-5d89cc4a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。