PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第24回 伝説の大騎手・村上昌幸の初リーディングまでの軌跡(1)

 平地競走一色となった岩手の競馬界は、1972(昭和47)年に1人のスーパージョッキーが競馬場の喝采を集め、その勢力図が大きく変貌した。それまで4年連続でリーディングジョッキーに輝いた小西重征(現調教師)に代わり、当時まだ18歳の村上昌幸(現調教師)がその座を奪ったのである。

 繋駕のトップジョッキーとして鳴らした村上初男氏の息子として1954(昭和29)年1月6日に生を受けた村上昌幸氏は、幼少の頃から父に連れられて競馬場や礼堂にあった調教馬場に行き、馬に跨っていたという。競馬場が最高の遊び場だった昌幸少年は、父の背中を追いかけるうちに、誰に相談するでもなく中学生になる頃には騎手を目指すと心に誓っていた。

 だが「親父も繋駕専門の騎手で体重もあったし、姉も比較的しっかりした体をしていたから、小さい体の系統ではないのね」(村上昌幸氏。以降、昌幸氏)と語るように、(平地)騎手を目指す上では恵まれた家系ではなかった。そのため成長期の体に反するように食事を制限し、減量にも取り組んだ。一方で中学では剣道部のキャプテンを務めており「練習は結構ハードだったし、あの胴着を身につけるからすごい汗をかくのさ」(昌幸氏)と振り返る部活動に体が耐えられなくなり、栄養失調で病院に担ぎ込まれたこともあったという。

 そのため1969(昭和44)年に中学を卒業して騎手への道を歩む時、体重制限が厳しい地方競馬教養センターへの入所は不可能だった。そこで父の厩舎で働きながら“一発試験”(注1)を受ける道を選び、受験資格である満16歳以上をクリアして最初に行なわれる翌年3月の高知(注2)に照準を合わせた。しかし岩手は11月で開催を終了したため、その後は馬に乗れない。そこで試験までの間、父をはじめ多くの人の力添えで、浦和で厩舎の手伝いをしながら攻め馬に乗せてもらえることになった。

 ところがハードな仕事が続く毎日に食欲を抑えられなくなり、体重が60キロを超えてしまった。そこから過酷な減量によって何とか試験を受けられる49キロまで体重を落としたものの、「(高知の)試験に落ちれば、もうチャンスはないと思っていた」(昌幸氏)と覚悟するほど、昌幸少年の体は限界に近づいていた。それでも、騎手になるという強い意思がその体を支えていた。昌幸氏はこんなことを語っている。

 「騎手を意識し始めた頃に『中央競馬はすごいんだってよ。賞金もいいし』みたいな事は聞かされていたさ。でも“岩手で騎手になる”のが自分の運命みたいに感じていたから、岩手に中央競馬の情報が入りにくいこともあったけど、興味はなかった。だから試験を受けている時もどこかで“絶対に合格する”って思いはあったよね」

 その強い意思で臨んだ高知での騎手試験に合格し、1970(昭和45)年4月に騎手・村上昌幸としてファンの前にその姿をあらわした。すると新人離れした騎乗ぶりで競馬場を盛り上げると、いきなりリーディング3位となる48勝を挙げ、岩手の競馬ファンに強烈なインパクトを与えたのである。

(注1)年数回、指定された競馬場で実施される、厩舎で働きながら騎手を目指す者に対して実施する試験の俗称。現在の騎手は地方競馬教養センター修了者(2000(平成12)年廃止の短期講習生含む)が大半だが、当時は一発試験組が多数派だった。

(注2)1985(昭和60)年4月に現競馬場に移転するまで別名「桟橋競馬場」と呼ばれていた旧・高知競馬場。


中学生時代の村上昌幸氏
中学生時代の村上昌幸氏。この頃には既に攻め馬にも乗っていた(提供:村上昌幸氏)
スポンサーサイト

| 昭和40年代 | 10:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://konjyaku.blog121.fc2.com/tb.php/53-0d8b84bf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。