PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第26回 岩手競馬がテレビに進出・・・競馬中継元年でもあった1972年

 村上昌幸の大記録に沸いた1972(昭和47)年は、岩手競馬の発展にとって大きな1ページが記された年でもあった。それは初めて岩手競馬の実況中継が行なわれた年だからである。

 競馬中継の文字が新聞のラ・テ欄に初めて踊った(注1)のは1972年6月3日で、第1回盛岡競馬初日をIBC岩手放送(以降、IBC)テレビが中継したのが最初である。このきっかけとなったのは、上山競馬の競馬番組の評判が良いことを伝え聞いた組合や関係者から岩手でもやってみようという機運が高まり、スタートしたものであった。

 この時の中継では、解説者として水沢で代々続く馬一族である佐野家の当時当主であった(3代目)佐野玉吉が務めた。佐野氏は1970(昭和45)年の岩手国体の際にご来県された天皇皇后両陛下が、馬術競技をご覧になられるために水沢競馬場にご来場された際に“母衣引馬術”を供覧するなど、馬文化の継承者として広く県民にも知られていた。


佐野玉吉氏
 岩手最初の競馬中継で解説を務めた3代目佐野玉吉氏。この写真は1976(昭和51)年春の叙勲で勲五等瑞宝章を受章した時のもの/出所:「岩手の馬育成-私たちの歩いた道-」(社)競走馬育成協会




馬術供覧の写真
 天皇皇后両陛下が1970(昭和45)年開催の岩手国体で水沢競馬場にご来場された際に“母衣引馬術”を供覧する様子/出所:「岩手の馬育成-私たちの歩いた道-」:(社)競走馬育成協会


 当時の中継、というより実況にはかなりの苦労があり、1978(昭和53)年にIBCに入社した加藤久智アナウンサーによると「私が実況を始めた頃はゴールよりかなり手前にあった馬主席の前に即席の実況席を設けて、そこで喋っていました。つまり高いところではなくファンに近い目線で見ていた訳です。そのため、4コーナーに差し掛かったところで一度完全に双眼鏡で追えなくなってしまうこと。そして最後の直線が下り坂でコースがスタンドよりも下になるために、大外から伸びてくる馬が見えなかったことが何より難しかったんです」と振り返っている。

 その後競馬中継はテレビ岩手も参入し、平成になって開局した岩手めんこいテレビと岩手朝日テレビも中継に取り組んだ。特にIBCとテレビ岩手は競うように中継本数を拡大し、その中で神田勇、加藤久智、井上学(以上IBC)、鈴木直志、加藤浩(以上テレビ岩手)といった名物競馬実況アナウンサーを数多く輩出した。さらにIBCは全国でも数少ない女性の実況アナウンサー(注3)として村松文代、瀬谷佳子を起用したことでも注目された。

 一方、ラジオはレギュラー化したIBCに加え、FM岩手にも中継の経験がある。特に初めて実施した1989(平成元)年9月15日(準メインとしてFM岩手杯オータムカップを実施)の中継は、FM局による日本初の競馬中継といわれている。

 そして現在、テレビ中継こそ少なくなったものの、IBCラジオの『ドラマチック競馬中継』やFM岩手の岩手競馬情報番組『勝ちそー』のように、既に長寿番組の域を迎えている現在も続く競馬番組が数多く制作されていることが岩手競馬の発展を支えている。

(注1)組合では最初の実況中継は1971(昭和46)年の水沢競馬としているが、当時の新聞を確認したところ、生番組内で競馬場からのレポートを伝えるケースがあるものの“競馬中継”の文字は確認できなかった。

(注2)初代佐野玉吉については連載第5回参照

(注3)日本の女性競馬実況アナウンサー第1号はラジオ関東(現・ラジオ日本)の井口保子氏。その後、場内実況は現役の小枝佳代氏(ホッカイドウ競馬)を含め過去に数名いるが、いわゆる“局アナ”に限れば井口氏とIBCの2人しかいない。なお井口氏はFM岩手の最初の競馬中継でゲスト出演しており、この時実況も行なっている。

盛岡競馬場の写真
 テレビカメラがレースの模様を追う旧盛岡競馬場(1972(昭和47)年撮影)/出所:「岩手県競馬組合30周年記念誌」(岩手県競馬組合)

盛岡競馬場の実況席の写真
 旧盛岡競馬場の実況席の様子(1975(昭和50)年・桐花賞中継時のもの)/出所:「岩手県競馬組合30周年記念誌」(岩手県競馬組合))
スポンサーサイト

| 昭和40年代 | 10:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。