PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第29回 岩手競馬に咲いた大輪の花・・・高橋優子の短すぎる生涯(3)

 初年度に19勝を挙げ、順調に階段を上り始めた高橋優子は、デビュー2年目となった1970(昭和45)年に大きな飛躍を遂げる。シーズン開幕から順調に勝ち星を積み重ね、その実力を関係者やファンから認められるようになっていった。

 そのような中、彼女はニュースターエイトとのコンビで大きな注目を集める。この馬は父・高橋武厩舎の所属馬で主戦騎手として手綱を取っていたが、この馬とのコンビで7月の水沢競馬で1600m1分42秒5のコースレコード(注)を叩き出すと、その翌月、前年に新設された日高賞に駒を進めた。

 単勝1番人気の支持を受けたこのレースでライバルとなったのが、時のリーディングジョッキーであった小西重征氏が手綱を取るマルマンチカラで、レースも最後はこの2頭のマッチレースとなった。しかし最後まで勝利を信じて追い続けた結果、最後に競り勝ち、優子氏は初のビッグタイトルを掴み取ったのである。

 こうして自信をつけていった優子氏は、当時の岩手競馬で最高賞金レースだった農林大臣賞典で、南関東時代にニューイヤーCとNTV盃(現在の日本テレビ盃)を制した古豪・ツルハゴロモとのコンビで参戦するチャンスが巡って来た。ツルハゴロモは岩手移籍後もA級(オープン)の常連として活躍していたが、往時の活躍の関係で絶えずトップハンデを背負っていたため“勝利の見込みが薄い”と有力騎手から敬遠されることが多かった。今回も同様に直前まで決まらなかった中で、テン乗りになる優子氏に白羽の矢を立てたのである。

 レースは出入りの激しい乱戦となった。後方からのレースとなったツルハゴロモは、3コーナーから一気に仕掛けて直線で一旦先頭に立ったものの、すぐに1番人気だったスパートターフ&小西重征のコンビに捉えられ、万事休したかに思われた。だが、彼女はあきらめていなかった。左ききだった優子氏の左ステッキで叱咤激励されたツルハゴロモは、再び勢いを取り戻すとゴール直前で差し返し、栄光のゴールに飛び込んだのである。

 こうしてデビュー2年目を終えた優子氏はこの年、57勝をマーク。すると高橋優子の名前は岩手競馬の枠を超えて広まっていくようになる。

(注) 当時の水沢1600mはダッシュのつきにくいコーナースタートの時代で、現在使用されている1600mのシュートが作られたのは1982(昭和57)年のことである。

農林大臣賞典の成績表
高橋優子氏が優勝した農林大臣賞典(1970年11月15日水沢競馬第9レース)の成績表(提供:NAR地方競馬全国協会)
スポンサーサイト

| 女性騎手黎明期 | 00:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://konjyaku.blog121.fc2.com/tb.php/58-5a18c7ff

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。