PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第31回 岩手競馬に咲いた大輪の花・・・高橋優子の短すぎる生涯(5)

 優子氏はさらなる飛躍を目指し、1973(昭和48)年のシーズン終了後のオフを利用して、武者修行として紀三井寺競馬場(和歌山県・1988(昭和63)年3月廃止)で騎乗すると、約2ヶ月の期間中に5勝を挙げた。そして新年度の岩手競馬で成長した姿を披露しようと、活躍を誓って6年目のシーズンがスタートした。

 しかしシーズン開幕から1ヶ月ほど経った1974(昭和49)年5月17日。優子氏は急性心不全で突然この世を去ることになる。享年23歳。実働5年1ヶ月にわたる生涯成績1776戦209勝(岩手県外を含む)は、女性でなくとも若手騎手として将来を嘱望されるには十分な実績といえよう。そして現在もなお「優秀な男性騎手とも互角の技量を持つ、日本の競馬界における史上最高の女性騎手だろう」と現役時代を知る人から評される騎手を失ったことは、岩手競馬のみならず日本の競馬界全体の大きな損失であった。

・引き継がれた魂

 この時、水沢競馬場の厩舎には、高橋優子の存在によって女性でも騎手になれることを知り、その夢を実現させるために彼女を慕って岩手にやって来た1人の女性が腕を磨いていた。その女性・・・吉田弥生は、高橋優子の死から2年後の1976(昭和51)年に日本競馬史上3人目の女性騎手として岩手からデビューし、彼女の魂は引き継がれた。この時、後を追う者が岩手にいなかったら、もしかしたら日本における女性騎手の歴史はこの段階で終焉を迎えていたかも知れない。

 その後岩手以外でも女性騎手は誕生し、多くの女性騎手が競馬界に足跡を残している。その歴史の第一歩を岩手競馬が記したのは、古くから馬とともに生きてきた岩手県の歴史風土が、騎手を目指す勇気を持つ女性を生み、それを皆が受け入れる土壌を築いていたためではなかっただろうか。

 さらに組合が女性騎手の存在を、また女性でも騎手として活躍できることを広める努力を続けたことも忘れてはならない。その取り組みについてはまた別の機会に詳しく紹介する機会を設けたい。

普段着姿の高橋優子氏
普段着姿の高橋優子氏を収めた貴重な1枚 出所/「岩手県競馬組合30周年記念誌」(岩手県競馬組合)

k003.jpg
高橋優子氏の最後の勝利となった1974(昭和49)年4月28日・水沢競馬第1レースの成績表(提供:NAR地方競馬全国協会)
スポンサーサイト

| 女性騎手黎明期 | 00:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://konjyaku.blog121.fc2.com/tb.php/60-b85f1703

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。