| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第34回 水沢競馬場に東北交流がやってきた

  1975年は岩手競馬にとってもう1つ意義深い年となっている。それは1973年から東北3県 (岩手・上山・新潟) 持ち回りで始まった東北地区交流競走が初めて水沢競馬場にやって来たからである。しかしこの競走、もしかしたら岩手抜きでスタートしていた可能性もあったという。

 このレースは元々、東北地区の馬主会から“東北3県持ち回りで行うアラブの交流競走”の実施を各主催者に提言・要求したことをきっかけに創設されたものだが、上山・新潟の主催者からは、売り上げ(注)はもちろん、賞金水準も低い岩手競馬がそのための賞金負担に耐えられるか疑念を持たれていたという。そのためか岩手にはなかなか話が回ってこず、当時の事情に詳しい元組合職員の佐藤栄亀氏によると、新潟県競馬の開催執務委員長から「岩手さんは本当に出来るんですか」と聞いてきた電話で初めて知ったと振り返っている。しかし“ファンをつかむ大きなチャンスになる”と考えた佐藤氏は「やるよ」と即答したことから、東北交流は3県持ち回りでスタートを切ることができた。

 こうしてスタートを切った東北交流「東北アラブチャンピオン」は、始まってみると第1回(上山)でプレシャスゴールドが2着に入り、第2回(新潟)は遠征した3頭が4~6着と、岩手勢も健闘を見せていた。そのため地元開催となる第3回は岩手勢の初制覇に期待が膨らんだ中で迎えた11月16日。この日の水沢競馬場はこの年から創設され、同日に開催されることになった「東北アラブ(旧)3歳チャンピオン」と併せ、新潟・上山の強豪を迎えたビッグイベントを一目見ようと多くの競馬ファンが詰め掛け、当時史上最高の10,872人の大観衆で溢れかえった。

 レースは当時の管理者・千田進岩手県知事が見つめる中で争われた。先に行われた東北アラブ3歳チャンピオンは遠征勢に3着までを独占される完敗劇に終わった。しかし東北アラブチャンピオンは村上実氏(現調教師)の手綱捌きに導かれたイチヤマトップが、遠征勢に加え、2ヶ月前の紫桐杯でゴール寸前で差され、栄冠の夢を砕いたブラックリョウにも雪辱を果たす勝利を手にし、ファンの歓声がスタンドに響き渡った。

 この東北3県交流競走はその後、新潟県競馬が1975年に創設した「東北招待競走」(後の東北サラブレッド大賞典の前身)をきっかけにサラブレッド系の競走でも東北交流競走がスタートするなど、交流競走が充実。東北地区全体のレベルアップに貢献していった。

(注)東北3県の1日平均売上高 (1972(昭和47)年基準)
  岩手県 約 8,029万円(開催日数 90日)
  上  山 約 9,802万円(開催日数 66日)
  新潟県 約 10,454万円(開催日数 108日)

101010-kon001.jpg
「東北アラブチャンピオン」「東北アラブ(旧)3歳チャンピオン」当日の水沢競馬場を埋め尽くした大観衆(出所:「岩手県競馬組合30周年記念誌」岩手県競馬組合)


101010-kon002.jpg

イチヤマトップが優勝した第3回東北アラブチャンピオンの成績表(提供:NAR地方競馬全国協会)




スポンサーサイト

| 昭和50年代 | 18:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://konjyaku.blog121.fc2.com/tb.php/63-fe02e1f4

TRACKBACK

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。